プロフィール


名前 茂木 俊介(モテギ シュンスケ)


所属 (日本)TEAM MOTEGI / (タイ国 )ゲオサムリットジム


生年月日 2000年7月10日


ランキング WPMF世界ライト級2位


身長 171cm


体重 61.23Kg (試合:ライト級)


血液型 B


神奈川県川崎市幸区出身 5人兄弟(全員男)の三男坊


川崎市立塚越中学校卒


アマチュア獲得タイトル
WPMF日本ジュニア45Kg級チャンピオン
WINDYスーパーファイト50Kg級トーナメント優勝
WPMF日本ジュニア55Kg級チャンピオン


幼少期は格闘技とは無縁

5歳から平日は毎日スイミングスクール、土日は軟式野球部と体は常に動かしていましたが格闘技とは無縁。兄が始めたついでにキックボクシングを小学4年の途中からスタート。小学5年の夏にアマチュア大会でデビューしてスイミング・野球をやめキックボクシング1本へ。中学卒業までのアマチュアでは50~60戦位戦い勝率は半分くらい。勝ち負けを繰り返して少しずつ成長できました。


デンサイアムさんとの出会い。ゼロから首相撲を勉強

中学2年より本格的にムエタイを学ぶためウィラサクレック三ノ輪ジムへ入門。トレーナーのデンサイアムさんとの運命の出会い。首相撲をゼロから教えて頂きタイ人選手とも試合が成立できるようになった大変貴重な2年間でした。どのようなファイトスタイルであれ首相撲を毎日練習する事はムエタイという競技に対するマナー・エチケットではないかと思いました。ウィラサクレック会長も尊敬できるとても心の大きな人だと感じました。


中学卒業後「倒すムエタイ」ゲオサムリットジムへ

最初は小学生の時にKickBoxジムの鴇会長にゲオサムリットジムを紹介して頂きました。学校の夏休み等を利用し住込み合宿と試合を繰り返し行ないました。

ゲオサムリットジムのアナン会長は「パンチとローキックでKOするのが強いムエタイ!首相撲でポイントを取り合う近年のムエタイは強くない!」と話してくれました。その時の通訳は1993年頃だったか?昔私(父)がタイで遭遇した”鬼軍曹”トレーナーのネンさんでした。ネンさんを雇用している事でそのアナン会長の言葉はとても説得力があると思いました。

技術指導だけでなく人間力が高く尊敬できるトレーナー

ゲオサムリットジム・トレーナーのジェンさんは人間的にとても信頼でき俊介を奥さんと一緒に家族同然で見守ってくれます。タイには名門と言われるムエタイジムが多くあると思いますが、ムエタイ指導だけではなく人間的に尊敬でき信頼関係もあるトレーナーのジェンさんがいなければタイへの長期留学はありませんでした。